パソコンのメモリーとは?必要な容量や役割は?パソコンのメモリーとは?必要な容量や役割は?

ノートパソコン選びの重要な指標のひとつである、メモリー。CPUやSSD・HDDと並んで、ノートパソコンの動作速度や作業性に直結するスペックです。

この記事では、メモリーが「どういうもの」で「なぜノートパソコンの動作速度に直結しているのか」という基本的な解説に加え、実際に「どれくらいのメモリー容量を選べばいいのか」「メモリーが不足しているとどのように支障が生じるのか」について、具体的な使用シーンを交えながらご紹介します。

パソコンのメモリーとは?

パソコンのメモリーはデータを記憶するパーツのことで、英語で「記憶」を意味するmemoryからきています。大きく分けて、読み書き両方できるRAM(random access memory)と読み出し専用のROM(read only memory)の2種類がありますが、一般的にデスクトップパソコンやノートパソコン、スマートフォンなどのスペックで提示されるメインメモリーは、前者のRAMのことを指します。
メモリーは用途や役割を説明する上で、作業机に例えられることがよくあります。
メモリーの容量が大きければ大きいほど机が広く、様々な作業を並行して行うことができます。これがメモリーがパソコンの動作速度に直結している所以です。

CPUとの違いは?

メモリーを机、さらにSSD・HDDを引き出しに例えた場合、CPUは作業者の頭脳だと言えます。
引き出し(SSD・HDD)の中のデータを使い、机(メモリー)で実際にCPUが作業を行う、というのがパソコン動作のイメージです。
CPUの性能を図る指標として、「動作周波数」「コア/スレッド数」の2点が挙げられます。どちらも、数値が大きくなるほどに性能が上がっていきます。動作周波数は頭の回転の速さ、コア/スレッド数は作業者の人数だと考えるとイメージしやすいのではないでしょうか。

SSD・HDDとの違いは?

メモリーとSSD・HDDはどちらもデータの記憶を司るパーツではありますが、その用途や役割は全く異なります。メモリーは「主記憶装置」とされ、CPUが直に情報処理を行うための記憶スペースになります。高速処理を実現させるために電気伝導性が極めて高い半導体集積回路(IC)を使用しているため、SSD・HDDのような大容量は搭載できず、自動的にデータが失われるもの(揮発性メモリ)がほとんどです。(一部例外もあります)
一方、SSD・HDDは「補助記憶装置」とされ、パソコンの電源がオフになってもデータの保存が可能(不揮発性メモリ)です。また、構造上大容量のデータも保存できるため、メモリーでは担えない長期間のデータ保存を主目的としています。
メモリーを机(作業台・作業場所)とするなら、SSD・HDDは作業に必要な情報が保管された引き出しだと言えます。

SSD・HDDについての詳細はこちら >

パソコン処理のイメージ図パソコン処理のイメージ図

実際に必要なメモリーの容量

ここまで、メモリーの用途や役割について説明してきました。では、実際にメモリーはどれくらいの容量を選べば良いのだろう? という方に、使用シーンごとにおすすめの容量についてご紹介します。

日常生活での使用
【8GB~】
ビジネス/ゲーム等で使用
【16GB~】
複数の作業や大容量データを使用
【32GB~】
  • ・Webページの閲覧だけであれば4GBのメモリーでも問題なく使用できます。しかし、Webブラウザで複数のページを開いたり、Officeの使用と並行するなどのマルチタスク作業を行う場合、4GB以下では容量不足に陥ることが多く、処理に時間がかかったりと作業効率の低下に繋がります。実際の作業環境では複数のタスクを同時に実施しているケースが多いため、快適な作業環境を担保するためには、8GB以上のものをおすすめします。
  • ・ビジネス用途では、テレワークへの移行に伴い急速に普及したZoom・Microsoft Teams等のWeb会議用アプリケーションや、Office等を同時に使用するシーンが多く想定されるため、16GB以上のものをおすすめします。
  • ・軽いゲームであれば8GBでも遊べますが、グラフィックが精彩になった昨今のゲームでは、16GB以上のメモリーが必要な場合がほとんどです。ゲームによっては16GBでもメモリーが足りず動作が重くなるケースもあり、また、ゲームと並行してWebページの閲覧など他のタスクを開く場合は16GBでも物足りなくなるかもしれません。
  • ・先ほども述べたゲームと他タスクとの並走や、動画編集、画像編集等の大容量データを使用した作業では、16GBでも足りないことが多いため、32GB以上のメモリーをおすすめします。最近ではノートパソコンでも32GB以上のメモリーを搭載している機種もあるため、モバイル性との両立も可能です。

メモリーが不足するとどうなる?

使用シーンに合わせたおすすめのメモリー容量についてご紹介しましたが、もしもメモリー容量が足りなかった場合は、以下のような支障が出ることもあります。

・動作が重くなり作業効率が落ちる
・アプリケーションの立ち上げ時や、ファイルの編集時などにフリーズする
・そもそも使いたいアプリケーションが立ち上がらない
・パソコンの電源が落ちる

動作が重くなるのはもちろんのこと、最悪の場合、パソコンの電源が頻繁に落ちるようになってしまうといった事態も考えられます。
メモリーやCPUの高性能化にあわせて、アプリケーションはより多機能となる傾向にありますので、最先端の動画編集や高解像度の画像編集アプリを使用したいという方は、なるべく大容量のメモリー搭載をおすすめします。

カスタマイズレッツノートなら最大32GBのメモリーを搭載

カスタマイズレッツノートなら、3シリーズすべてにメモリー容量最大32GBのラインナップをご用意しています。また、通常のラインナップでも16GBなので、Office等のビジネス用途はもちろん、重たいアプリケーションでもストレスフリーに使用することができます。3シリーズそれぞれに特長があるので、ご自身のスタイルに最適なモデルの中から、メモリー容量も自由にお選びいただけます。

カスタマイズレッツノートの実際の使用感を確認

レッツノート リアル体感コーナーレッツノート リアル体感コーナー

最後に

今回はパソコンのメモリーがどういうものか、役割や容量の選び方についてもご紹介させていただきました。
パソコンの性能に大きく関わってくるメモリー。特にノートパソコンはご自身でメモリーを増設するのが困難であったり、そもそも増設ができない端末もあります。

どのような作業を行うかにより必要なメモリー容量が異なりますので、ご自身のスタイルに合わせた容量選択のご参考にされてみてください。

関連記事