ノートパソコンにおすすめなSSDはどのくらい?HDDとの違いは?ノートパソコンにおすすめなSSDはどのくらい?HDDとの違いは?

ノートパソコン選びで重要な指標のひとつである、ストレージ。資料や画像・動画などを保存するだけではなく、OSや各種アプリケーションまで、パソコンを動作させる上でかかせないプログラムまでストレージに保存されています。
そのため、ストレージの性能はパソコンの性能にも寄与しています。ストレージというと保存容量に注目されることが多いですが、それと同等、もしくはそれ以上にストレージそのものの性能も、パソコンを購入する上で重要な指標となっています。

この記事では、「ストレージ性能」に着目して、昨今主流となっている「SSD」と、それまでに主流だった「HDD」、それぞれの特長や違い、メリットやデメリットについてご紹介します。

SSDとは?

SSDはSolid State Drive(ソリッドステートドライブ)の略で、ストレージの種類です。
登場した当時は、HDD=Hard Disk Drive(ハード・ディスク・ドライブ)に比べ容量が小さく実用性に欠ける面もありましたが、近年では大容量化を実現したことに加え、後述のメリットもあるため多くのノートパソコンで採用されています。

SSDとHDDの違い

HDD

HDD

SSD

SSD
データ転送速度
  • ・データを記録する際に、モーターの起動など物理的な動きが必要になるため、データ転送速度が遅い。
  • ・データを記録する際に物理的な動きをしないため、データ転送速度が速い。
耐衝撃性
  • ・上記のように物理的に動くモーターなどを搭載しているため、落下などの衝撃に弱い。
  • ・物理的に動く部品がないため落下などの衝撃で壊れにくい。
静音性
  • ・部品の動作によりカリカリ、ジージーといった所謂「シーク音」が鳴る。
  • ・物理的に動く部品がないため動作音は鳴らない
容量・価格
  • ・SSDと比較して容量当たりの単価が安く、また、比較的大容量のものが多い。
  • ・HDDと比較して容量当たりの単価が高い。
こんな用途にオススメ
  • ・衝撃による故障が少ないデスクワークでの利用。
  • ・衝撃などを受けやすいモバイルワークでの利用。

SSDにはどんな種類がある?

HDDと比較してデータ転送速度の速いSSDですが、その中でも様々な種類が存在しています。各種類でICチップのサイズや採用されているインターフェースが異なります。ここでは、複数あるSSDの規格についてご紹介します。

1.8インチ
主に「Micro SATA」というノートパソコンに採用されることの多いインターフェースを搭載しています。
2.5インチ
主に「Serial ATA」インターフェースを搭載しています。Serial ATAは汎用性が高く、デスクトップパソコンからノートパソコンまで幅広く採用されています。
mSATA
Serial ATAをさらに小型にしたカードのような薄い形状をしており、ノートパソコンの薄型化、軽量化に一役買っています。しかし、換装の難しさから、mSATAを採用しているノートパソコンは2.5インチや後述するM.2SSDと比較すると非常に少なくなっています。
M.2
mSATAの後継品で、より高速なデータ転送を実現しています。M.2で採用されているインターフェースは2つあり、1つが2.5インチにも搭載されている「Serial ATA」、そしてもう一つが「PCI Express」です。後者は理論値上ではmSATAの6倍以上のデータ転送速度を誇るため、大容量データの転送等で特に恩恵を強く感じることができます。

カスタマイズレッツノートなら全機種に高速SSDを搭載

現在発売しているカスタマイズレッツノートはすべての機種で、PCI Expressの中でも最新の「PCI Express 4.0」のSSDを搭載しています。従来モデル(PCI Express 3.0)搭載モデルと比較しても、大容量データのコピーやアプリケーションの起動など、ストレージの読み書きが必要となる作業のスピードが劇的に向上。

*FVシリーズのプレミアムエディションで選択できるセカンドSSDは、PCI Express 3.0となります。

どのくらいのSSD容量が必要?

最後に、SSDの容量の選び方についてご紹介します。もちろん多いに越したことはありませんが、そこまで容量を必要としない場合はオーバースペックになってしまい、その分価格も高くなってしまうため、価格を度外視する場合以外は、適切な容量を選ぶことが大切です。
ここでは、カスタマイズレッツノートで選択可能なSSD容量を例に、ワークスタイル毎に必要なSSD容量をご紹介します。

SSD容量の選び方

ライト層
[256GB~512GB]
ノーマル層
[1TB]
ヘビーユーザー層
[2TB~4TB]
  • ・Microsoft Officeやメールの使用、Web閲覧などの用途がメインの方におすすめ。
  • ・長期間の利用による保存データの蓄積や、一時的なバックアップの取得など大容量データの保管も視野に入れる場合は、512GBある方が望ましい。
  • ・上記に加え、画像加工や動画編集などのクリエイティブ系の作業をする可能性がある方におすすめ。
  • ・クラウドを利用せず、オフラインで映画やウェビナー動画などを保存したい方におすすめ。
  • ・バックアップデータをオフラインで長期保存しておきたい方におすすめ。

カスタマイズレッツノートでワークスタイルに寄り添った一台を

カスタマイズレッツノートなら、3シリーズすべてに2TBを選択できるラインナップをご用意しています。さらに、FVシリーズの場合は通常のストレージ最大2TBに加え、セカンドSSDとしてさらに最大2TBまでSSD容量を増設できるため、計4TBまでご選択いただけます。
ご自身のワークスタイルに合ったシリーズに、さらにSSD容量も理想のものをカスタマイズしてお使いいただくことが可能です。

カスタマイズレッツノートの実際の使用感を確認

レッツノート リアル体感コーナーレッツノート リアル体感コーナー

最後に

今回はSSD/HDDの選び方ついてご紹介させていただきました。
昨今のノートパソコンの主流となっているSSDですが、その中にも様々な種類があります。ストレージ容量と、規格。どちらも考慮した上で、ノートパソコン選びの参考にしてください。

関連記事