FV TECHNOLOGY

FV TECHNOLOGY

開発の背景

Engineer's Voice
FV プロジェクトリーダー 白神和弘の写真

FV プロジェクトリーダー 白神和弘

新型コロナウィルスの影響で、テレワークの制度を本格導入される企業が増加し、環境が十分に整っていない場所で働くビジネスパーソンが増えてきました。
この働き方の変化により、PCに求められるものも、大きく変化してきています。以前は移動中も働きやすい機動性が重視されてきましたが、今は限られたスペースで働かれていることが多いので、拡張ディスプレイやキーボードなどの周辺機器を接続しなくても快適に働くことができるスペックが重視されつつあります。
今回開発したFVシリーズは、このようなビジネスパーソンのニーズを満たすべく、様々な挑戦をしました。PC単体でも十分な表示エリアを持つ大画面、大画面を搭載しながらも作業スペースを圧迫しないコンパクトさ、コンパクトなボディの中にWeb会議や操作性のための機能を搭載するという様々な要素をギリギリのところまで攻めてベストなバランスの1台に仕上げました。

01. 大画面&コンパクト

画面は大きく
ボディは小さく

大画面&コンパクト

画面は大きくボディは小さく

FVシリーズは複数アプリを同時に立ち上げても、広々と作業できる14.0型(QHD)の大画面・高解像度液晶を搭載しながら、ボディサイズは横幅308.6mmと13.3型クラス相当におさえ、狭いスぺ―スでの作業のしやすさにも配慮しています。

※2016年以降 国内販売13.3型PC筐体の横幅:平均値:308.3mm(2021年5月当社調べ)

Compact

前モデル(LVシリーズ)同等の強度を確保!

通常、狭額縁化すると横からの衝撃に弱くなってしまいますが、前モデル(LVシリーズ)と同等の頑丈性能を実現するために、天板合金両側の増肉化と形状の工夫で強度を確保しています。

独自のテクノロジーで前モデル(LVシリーズ)同等の強度を確保 独自のテクノロジーで前モデル(LVシリーズ)同等の強度を確保

02. コミュニケーション

騒がしくても
聞きとりやすく
伝わりやすい

音声&モビリティ

騒がしくても聞きとりやすく
伝わりやすい

FVシリーズなら、ヘッドセットや外付けスピーカーなどの周辺機器を使わなくても、PC単体で快適にWeb会議ができます。相手側の声を聞き取りやすくするために、ボックス型スピーカーと音響効果ソフト(Waves MaxxAudio®)※1を搭載し、自身の声を相手に伝わりやすくするために、インテル®GNA対応のAIノイズ除去※2に対応しています。

※1初期設定は、Web会議に適した「ハンズフリー会議」になっています(CF-FV1SSDQPを除く)。

※2設定が必要です。また、アプリによっては、アプリ内の機能が優先されます。

●Waves MaxxAudio®は、Waves Audio Ltd.の登録商標です。

Web meeting

クリアに聞こえるテクノロジー

ボックス型スピーカーを搭載

低音再生能力が高いスピーカーを採用し、さらに最適な筐体構造をとることで遠くからでも聞きとりやすい音圧を実現しました。底面に斜め配置で搭載することで、音孔を手で塞いでしまうことや、異物の侵入にも配慮しています。

高音圧のボックス型スピーカーを搭載 高音圧のボックス型スピーカーを搭載

シーンによって使い分けられる
音響効果ソフト(Waves MaxxAudio®)を採用

聴感上の音量、音質を調整して、スピーカーからの音を聞こえやすくする音響効果ソフト。「ハンズフリー会議」「映画・音楽」「スタンダード」をプリセットで用意しています。

※お使いの機種により、初期状態で選択されているプリセットが異なります
●Waves MaxxAudio®は、
Waves Audio Ltd.の登録商標です。
シーンによって使い分けられる音響効果ソフト(Waves MaxxAudio®)を採用
Web meeting

声が伝わりやすいテクノロジー

CPUに負荷をかけることなく伝わりやすさを
向上
インテル® GNA対応 AIノイズ除去

会話中にマイクに入り込む環境音を低減させ、自分の声をよりクリアに相手に届けることができます。手元のタイピング音、ペットや子どもの声、外から聞こえるサイレンの音など在宅ワークで入り込みやすいノイズを聞き分けて低減するより精度の高いノイズ除去を実現しています。

人の声+タイピング音

Before
人の声+タイピング音

人の声のみ

After
人の声のみ

Engineer's Voice Engineer's Voice
配置までこだわったスピーカーと
MaxxAudio®導入で
人の声の聞き取りやすさを向上

ご利用が増えているWeb会議における利便性を向上させるために、レッツノートとしては初のボックス型スピーカーを採用しました。従来のスピーカーと違い、音を反響させるために空間を設けており、より低音再生能力が高いスピーカーを採用し、さらにMaxxAudio®と組み合わせることで聞き取りやすくなりました。部材だけでなく配置も工夫しており、底面に傾斜をつけて搭載することで、音孔を手で塞いでしまうことや、異物の侵入を防ぐことを考えています。

ハード設計主任技師 小塩陽平の写真

ハード設計 主任技師 小塩陽平

CPUに負担をかけずに
ノイズを低減

自宅からWeb会議をする際に、しばしば問題になっている生活音について、ハードではなくソフトで低減することができないかと考え、インテル® GNA対応のノイズ除去に対応いたしました。仕事に使うCPUのリソースをあまり使うことなく、ノイズを低減できるので、仕事の手を止めることなくWeb会議の快適さを向上させることを実現しました。

ソフト設計主任技師 岡本隆一の写真

ソフト設計 主任技師 岡本隆一

03. 高速性能

高負荷作業でも
処理待ちの
時間を少なく

intel
高速性能
intel

高負荷作業でも
処理待ちの
時間を少なく

FVシリーズは、高負荷な作業をしていても、軽快に動作するように、高速なCPUに加えて独自の技術を採用しています。CPUが熱くなっても、適切に冷却させるために独自設計の放熱機構を搭載し、CPUのハイパフォーマンスを長時間維持させるために、ソフトウェアによるパフォーマンス調整をしています。

Performance

優れた冷却機構

新開発のデュアルファン

高負荷作業が続くとCPUの温度が上昇します。FVシリーズでは、CPU温度が規定値を超えないように、独自開発した大風量の冷却ファンユニットを搭載。ファンの吸気口に対して、羽根センター位置を偏心させて吸気効率を改善することで、風量をアップしています。

新開発のツインFAN

羽根センターを偏心

薄型フィン板材の採用

従来機LVシリーズよりも薄い放熱フィンの板材を採用して、重量増加を抑えつつ大規模な放熱フィンを搭載。排気の通風抵抗の低減により風量をアップしながら、大きな表面積で排熱効果を高めています。

放熱フィン

入念な検証にもとづく流路設計

製品3Dデータを⽤い、より現実に近い状態で熱流体シミュレーションを実施。吸排気⼝の配置とその流路設計について細かい検証を繰り返し、⾼性能を維持するための構造や冷却ファンの設計につなげています。

入念な検証にもとづく流路設計 新しい排気方式
Performance

ソフトウェア制御

高性能を長い時間維持するソフト制御

インテル製CPUの電⼒制御ソフト(インテル® DTT)を、レッツノートの放熱・省電⼒設計に合わせて、パナソニックが独⾃にチューニングしています。筐体内の発熱状況を監視し、電圧等を細かく調整。CPUを最適な動作周波数で動くように調整しています。

CPU制御イメージ