• トップ
  • 電動アシスト自転車は雨の日でも壊れない?より安心して使うための注意点

電動アシスト自転車は雨の日でも壊れない?
より安心して使うための注意点

雨に濡れる自転車

「電動アシスト自転車って雨の日でも大丈夫なの?」と不安に思う人の疑問を解決します! 今回は電動アシスト自転車が雨や水に濡れた時、安心して使用するための注意点と対応策を紹介します。

電動アシスト自転車は雨の日でも大丈夫?

電動アシスト自転車は、長距離を走る人や坂道の多い街に住んでいる人にとって生活に欠かせないパートナーですよね。特に通勤、通学などに毎日利用している人は、天気の良い日だけではなく、雨の日も使用しているのではないでしょうか。電動アシスト自転車に乗っている途中で雨に降られてしまったり、駐輪している場所で電動アシスト自転車が雨に濡れたり、ということもよくあります。電動アシスト自転車は、電気部品であるバッテリーやモーターが付いているので、「水に濡れると良くないのでは」と不安に思っている人も少なくないかもしれません。今回は電動アシスト自転車が「雨の日でも大丈夫?」なのか、詳しく調べてみました。

電動アシスト自転車は雨でも乗れる

結論から言うと「電動アシスト自転車は雨の日でも乗ることが可能です」。パナソニックの電動アシスト自転車の心臓部であるモーターとバッテリーは「生活防水※」の基準を満たしています。「生活防水」は通常の雨に濡れるぐらいなら全く問題はなく、雨の日に電動アシスト自転車を利用してもバッテリーやモーターが故障したり、感電したりといった心配はないでしょう。

また、電動アシスト自転車はバッテリーやモーターだけでなく、その他の部品にも防水機能が付いています(下図参照)。

【パナソニック電動アシスト自転車に使われている自転車部品と防水機能】

部品名 雨対策 防水機能
バッテリー 雨対策 生活防水※ 防水機能 真上もしくは真横からのシャワー程度の雨に対応
モーター 雨対策 生活防水※ 防水機能 真上もしくは真横からのシャワー程度の雨に対応
手元スイッチ 雨対策 防滴構造 防水機能 真上から降るシャワー程度の雨に対応
前照灯(ライト) 雨対策 防滴構造 防水機能 真上から降るシャワー程度の雨に対応
付属のチャイルドシート 雨対策 防水加工 防水機能 水が染み込まない素材を使用

※「生活防水」とは「IEC(国際電気標準会議)」によって定められている防水規格のうち、IPX4(あらゆる方向からの散水を5分行っても浸水がない)等級を満たすものを指す。

このように電動アシスト自転車は、雨の日に乗ることを想定して作られているので、少しぐらいの雨であれば安心して使用することができます。

パナソニック製品は雨天時耐久試験で高品質・高耐久

「電動アシスト自転車は雨の日でも乗れる」ということがわかりましたが、雨の日に頻繁に使用している人なら「繰り返し何度も雨に濡れることで、防水機能が落ちないかしら…」と不安になりますよね。

パナソニックの電動アシスト自転車は、防水機能の耐久性についても厳しく検査が行われています。電動アシスト自転車は、国内の工場で厳しい品質管理のもとに生産されていますが、その製造過程において、車体の耐久試験やブレーキ性能試験だけでなく、雨天時の耐久試験として沿岸部での使用や雨天での走行を想定し、「塩水噴霧試験」を行っています。

【塩水噴霧試験とは】

  • 噴霧試験

    塩分を含む風が吹く沿岸部での使用や、雨天時の使用を想定して、電動自転車に3日間塩水を吹きかけて、モーターやバッテリーへの浸水や金属部の腐食などを検査する試験です。

電動アシスト自転車を故障させないために…

雨に対する厳しい検査を経て作られている電動アシスト自転車。防水機能も通常の雨では全く問題が無いことがわかりました。それでも、「大量に雨が降った時」や「自転車が浸水した場合」などは注意が必要です。電動アシスト自転車の故障を防ぐための注意点について解説します。

雨が故障の原因になるケースは?

電動アシスト自転車を雨天時に使用する時、雨の降り方や自転車の使い方によっては、雨による浸水によって自転車が故障することがあります。故障を防ぐため、雨の日に気をつけなければならないポイントを解説します。

1.通常の雨ではなく、大量の雨が降った場合

集中豪雨など短時間に大量の雨が自転車にかかった場合は、電動アシスト自転車の防水性能を超えてしまう可能性があります。防水性能を超えた量の水がモーターやバッテリーにかかると、電気系統に異常をきたす場合があり、故障の原因となることがあります。

「大雨警報が出ている」「走行途中で大量の雨が降ってきた」といった場合には、電動アシスト自転車の使用は控え、電動アシスト自転車を雨が当たらない場所に置くか、雨よけカバーを付けるなど、自転車に大量の雨がかからないようにすることが必要です。

2.強風などで自転車が倒れてしまった場合

台風の時などは、大量の雨に加えて強風が吹くことがあります。電動アシスト自転車を屋外に保管している場合は、強風によって自転車が転倒することもあるでしょう。自転車が転倒したことに気付かず、倒れた状態のまま放置していると、バッテリーやモーターが大量の雨にさらされたり、ひどいときには水たまりに浸かったりしてしまうことがあります。バッテリーやモーターが浸水すると、バッテリーやモーター内に水が入り、電気系統に異常をきたす場合があります。

電動アシスト自転車の生活防水は、自転車が直立している状態(転倒もしくは傾きがない状態)を想定しているので、自転車が倒れた状態での雨には対応できません。
もし、自転車が転倒した状態で大量の雨に濡れた、浸水したという場合は、直ちに使用を中止して販売店に相談するようにしてください。

洗車時の水濡れにも注意

電動アシスト自転車に防水機能があることから、「自宅での水道水による洗車も可能では?」と考える人もいるかもしれません。洗車にホースを使う場合、ホースの口から出る水は一箇所に集中するので、通常の雨よりも強い水圧が車体にかかってしまいます。「生活防水」は通常の雨より強い水圧に対しては対応していません。電動アシスト自転車を洗車する場合は、水道水を直接かけることや、車体を倒した状態・逆さまにした状態での洗車は行わないでください。

電動アシスト自転車を洗車する場合には、水をかけるのではなく、硬く絞った雑巾で拭くか、使い捨てタイプのお掃除クロスなどを使って、汚れを拭き取るようにしましょう。

雨ざらしが不安な人へ!雨よけカバーがおすすめ

皆さんは電動アシスト自転車をどのような場所で保管していますか?屋内で保管している場合は雨に濡れる心配はありませんが、マンションの駐輪場や自宅の庭など、場所によっては電動アシスト自転車が保管中に雨に濡れているケースもあるでしょう。屋外に駐輪している場合は、たとえ駐輪場に屋根がついていても、強い雨が降ったり雨が横から吹き込んだりして自転車が雨に濡れる場合も少なくありません。
電動アシスト自転車には生活防水機能がついていますが、自転車の劣化を避けるためにも、できることなら雨に濡れないに越したことはありません。屋外に駐輪していて、自転車が雨晒しになっている場合は、駐輪時にサイクルカバーを使うことをおすすめします。

サイクルカバーは、自転車全体を覆い、しっかり自転車に固定しておかないと、隙間から雨が入り込んで自転車が濡れてしまったり、風などで飛ばされたりすることがあります。
カバーを選ぶときは、

  • 車体の大きさに合ったもの
  • 撥水加工のあるもの
  • 風などで飛ばされないように、しっかり固定できるもの

を選ぶようにしましょう。

【おすすめのサイクルカバー】

  • サイクルカバー(シティモデル用) SAR139

    パナソニック サイクルカバー(シティモデル用)
    SAR139

    〈特徴〉

    • くびれのあるデザインで、車体にぴったりフィット
    • 風によるバタつきを軽減
    • 風飛びしにくいようにしっかり固定
    • 車体にかぶせやすい深いかぶり
    〈材質〉 ポリエステル 100% 撥水加工
    〈カラー〉 クールブルー
    〈サイズ〉シティモデル用 適合車体寸法目安 全長:165-190cm
    ※サイクルカバーは雨の侵入を完全に防ぐものではありません。
     強い雨があたった場合、縫い目等から水が浸入する可能性があります。

    こちらから購入可能です

雨の日も晴れの日も、電動アシスト自転車で快適な毎日を

電動アシスト自転車は、雨の日にも使用できるように作られていることがわかってもらえたでしょうか。これで安心して雨の日も電動アシスト自転車に乗ることができますね。雨の日は、路面が濡れてタイヤが滑りやすく転倒の恐れがあります。スピードの出しすぎには気をつけて、安全運転を心がけましょう。

雨でも大丈夫な電動アシスト自転車ですが、故障を防ぐためにも大量の水に濡らさないように注意してください。「ひどい雨の時には使用を控える」「転倒した状態で水に濡らさない」「駐輪時はサイクルカバーを使用する」といったことに気をつけて、電動アシスト自転車に安全に長く乗ってくださいね。